貯蔵庫
貯蔵庫内部
貯蔵庫風景
貯蔵庫内部
貯蔵庫内部
貯蔵庫内部
貯蔵庫内部
前の施設へ
次の施設へ
説明を見る閉じる

貯蔵庫

創立時に建てられた貯蔵庫のある場所は、当時は余市川の中洲でした。
床は土のままで適度な湿度が保てるよう、また、外壁は石づくりで夏でも冷気が保てるように設計されています。樽の中の原酒は木目を通して呼吸し、少しずつ熟成が進みます。それと共に蒸発が進みます。20年で約1/2ほど蒸発しますが、このことを「エンジェル シェア」”天使の分け前”と一般的に言われております。
※見学用に開放している為、この貯蔵庫では一部の樽のみ原酒を熟成させております。

ウイスキーの原酒が増えるごとに、貯蔵庫の数も増え、現在、26棟でウイスキーが熟成し、刻を育んでおります。