蒸溜棟外観
蒸溜棟内部
前の施設へ
次の施設へ
説明を見る閉じる

蒸溜棟
(単式蒸溜機)

宮城峡蒸溜所の単式蒸溜器(ポットスチル)は、スチームでじっくりと加熱するタイプ。

直火焚きよりも低温で、時間をかけて蒸溜することにより、まろやかな味わいのモルトウイスキーができあがります。

モルトウイスキーは、単式蒸溜器(ポットスチル)で2回蒸溜を行い、アルコールをとりだしています。