蒸溜棟外観
カフェ式蒸溜棟内部
カフェ式蒸溜機プレート
前の施設へ
次の施設へ
説明を見る閉じる

蒸溜棟
(カフェ式連続式蒸溜機)

カフェ式連続式蒸溜機では、トウモロコシを主原料とするグレーンウイスキーがつくられます。

宮城峡蒸溜所にある蒸溜機は1830年にイギリスで発明されたもので、西宮工場を経て、この蒸溜所にやってきました。
カフェ式連続式蒸溜機は、今ではスコットランドでも珍しい蒸溜設備です。
イニアス・カフェという開発者の名がつけられているため、Coffey Still というスペルになります。

他の連続式蒸溜機と比べて操作が難しく、アルコールを精製する効率も劣るのですが、原料の香味が残るため、ウイスキー本来の美味しさが引き出せます。

※カフェ式連続式蒸溜機のご見学はできません。