簡易版見学ルート

>全体マップを見る

※このページは電波状況が悪いお客様でもご利用いただける簡易版ページです。
電波状況が良好な場所でご利用いただけるお客様は通常版をご利用ください。

>「通常版」はこちら

一号貯蔵庫

創立時に建てられた第一号貯蔵庫のある場所は、当時は余市川の中洲でした。
床は土のままで適度な湿度が保てるよう、また、外壁は石づくりで夏でも冷気が保てるように設計されています。樽の中の原酒は木目を通して呼吸し、少しずつ熟成が進みます。それと共に蒸発が進みます。20年で約1/2ほど蒸発しますが、このことを「エンジェル シェア」”天使の分け前”と一般的に言われております。
※見学用に開放している為、この一号貯蔵庫では空樽を置いています。

ウイスキーの原酒が増えるごとに、貯蔵庫の数も増え、現在、26棟でウイスキーが熟成し、刻を育んでおります。

以下の画像をご覧いただけます。

一覧に戻る

Copyright © ASAHI BEREWERIES,LTD. All rights reserved.