簡易版見学ルート

>全体マップを見る

※このページは電波状況が悪いお客様でもご利用いただける簡易版ページです。
電波状況が良好な場所でご利用いただけるお客様は通常版をご利用ください。

>「通常版」はこちら

製樽棟

ウイスキーを貯蔵するための樽はすべて手づくりで、新樽を一人でつくれるようになるには、長い間の下積みが必要です。

ウイスキーの樽は3~4回、年数にして50年前後使用されますが、この間にも必要に応じて補修が行われます。
ニッカでは、新樽や世界中から集めた樽をつくりかえ、ブレンダーが求める理想の樽に仕上げます。

ウイスキーの貯蔵樽のほか、一部はプランターや飾り樽としても利用されています。
注:現在はプランターや飾り樽は作っておりません。

以下の画像をご覧いただけます。

一覧に戻る

Copyright © ASAHI BEREWERIES,LTD. All rights reserved.