簡易版見学ルート

>全体マップを見る

※このページは電波状況が悪いお客様でもご利用いただける簡易版ページです。
電波状況が良好な場所でご利用いただけるお客様は通常版をご利用ください。

>「通常版」はこちら

蒸溜棟(カフェ式連続式蒸溜機)

カフェ式連続式蒸溜機では、トウモロコシを主原料とするグレーンウイスキーがつくられます。

宮城峡蒸溜所にある蒸溜機は1830年にイギリスで発明されたもので、西宮工場を経て、この蒸溜所にやってきました。
カフェ式連続式蒸溜機は、今ではスコットランドでも珍しい蒸溜設備です。
イニアス・カフェという開発者の名がつけられているため、Coffey Still というスペルになります。

他の連続式蒸溜機と比べて操作が難しく、アルコールを抽出する効率も劣るのですが、原料の香味が残るため、ウイスキー本来の美味しさが引き出せます。

※カフェ式連続蒸溜機棟内のご見学はできません。

以下の画像をご覧いただけます。

一覧に戻る

Copyright © ASAHI BEREWERIES,LTD. All rights reserved.